新・Webパンくず

とりとめのない日記とか備忘録とか
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がっ○んの、おばはんまだかな?
----------------

IDEOS の端末、早く来ねえかな?
書こうと思って書ききれなかった分をちょびっとだけ。

新入り猫ちゃんも来てから早1ヶ月。すっかり我が家の一員になった。
子猫は活発なので、走り回る、爪とぎまくる、色々触りまくる。

20111001_02

ゴミ箱をひっくり返し、自分が納まりドヤ顔。

スポンサーサイト
ニャンですか?
----------------

facebook とか twitter のアカウントを作ったりしてたのでこっちは放置気味。
ま、こっちとは別の活動になるのでね。

ここ最近の動きとして、実は猫が一匹増えました。(5ヶ月・♀)

20110903_01

わざわざの多頭飼いに疑問を持たれることもあるが、そこはそれ。色々あってここで語るような話でもないので割愛する。

猫ちゃん自体はどうしたのかというと、京都市のほうで猫の譲渡制度というのがあって、この制度を利用して市のほうから譲り受けたのだ。

「保健所に行けば貰える」っていう話はよくあるが、こっちはもっときっちりとやってくれる。

 ・寄生虫検査&駆除
 ・混合ワクチン
 ・ノミ取り・予防
 ・去勢・避妊処置
 ・その他健康管理

これらを済ませて万全の状態で譲ってもらえる。もちろん公共の事業なので、もらう側に対する条件もあるし審査も行われる。放し飼い禁止(完全室内飼育)、繁殖目的は不可なので去勢・避妊処置が済んでいない猫の場合は自分で獣医に予約しないと譲り受けることは出来ない、必要に応じて追跡調査が行われることもある、等。

逆にきちんと飼おうという人にとってはそれほど高いハードルではないので、種類や模様(柄?)に関して細かい条件をつけなければ、譲渡希望を出してから比較的短期間で候補猫が見つかる。候補に対して断っても別にペナルティなど何も無い。
譲り受けるにあたって、もちろんお金は一切取られない。

猫を選びに行ったときに全ての譲渡待ちの猫を見てきたが、どの猫も性格や個性があってみんな欲しくなる。でももらうのは一匹だけ。
救いは選に漏れたからといってすぐに殺処分されるわけではなく、次の引き取り手を待つということ。ただ、永遠に待たせてもらえる訳ではないと思う。思うがどうなるのかは聞く気になれなかった。

同じケージで飼育されていた三匹のうち一匹を引き取ったが、帰り際に残った二匹に
「仲間が減って寂しいね」と声をかけた。
「みんな引き取ってもらうためにここにいるし、誰かが引き取られないと新しい子が入ってこれないですから」っていうのが飼育係の人の返事。
みんな良い飼い主がみつかるといいねぇ。

参考:京都市家庭動物相談所

「僕(私)、京都市民じゃないしぃ」っていう亀岡市とか宇治市とか城陽市とかその他の地域の方はこちら。
京都府動物愛護管理センターねこの譲渡事業
子猫の飼い主募集
(こっちはワクチンとか避妊処置についてはよくわからないので、センターへ直接問い合わせるべし。別件で電子メールで問い合わせたことはあるが、1日2日くらいで返信がありました。もちろん電話でも聞けると思う)



NHKの「ねこのうた」に応募しようか考えている。
--------

先日予防接種と尿路結石の定期検査に行ってきたらしい。
「らしい」というのは僕は仕事で女房子供が連れて行ったきたから。

ずっと高い療法食を食べさせているのでpHは安定してはきているが、ストルバイトの結晶は出ているらしい。
多分もう完全に直ることは無いだろう。
ヒルズの「s/d」の残りが乏しくなってきていたので、4kgを通販で発注する。高え。

診断の結果結構デブってきているので、食事を与える量を減らして節約しようかと思わなくも無い。
今でもそれほど与えてないが、家から出さないのでとにかく運動不足なのだろう。

そんなことを考えて机に向かっていると、邪魔しにきやがった。心を読まれたか。

20101226_01

タプタプの腹周りをもふもふして机から追い払った。

最近は日が経つのが早い。
--------

今年に入って僕の仕事が激増した。
仕事は増えるけど残業は無し。困ったもんだ。(´・ω・`)

1日中寝ていられる、猫になりたい。
そんな風に思いながら猫にカメラを向けているとき、悲劇は起きた。

長男「俺も一緒に写真撮ってくれー!」
次男「俺も!」
三男「アイモー(俺もー)!」
猫「やめてくれー!

20050527_01

長男「俺が先やー!」
次男「俺や!」
三男「アイモー(俺もー)!」
猫「助けてくれー!
※混乱のあまりデジカメのストラップが撮影されております。

20050527_02

猫「非道い・・・。」

20050527_03

猫も決して楽ではない、という話だ。

(エンディング)
ネズミだって生き物だ
猫だって生き物だ
ゴムとゼリー
仲良く(ピー)しな


どうもすいません。

※参考





そういえば最近猫のこと書いてないや。
--------

風呂に入ろうとしたときに、たまに(↓)こうなっていて「おわっ」とかなる。

20090215_01

戸が閉めてあっても開け方を知っているらしく、いつの間にかこうして座っていることがある。
ほんのり尻が温かいのが良いのか?

ちなみに、この猫はもう2年半くらい家にいるが、シャンプーをしたのは1回だけだ。
かなり小さいときに一度シャンプーしたのだが、そのとき何か気に入らなかったのか、水がいやだったのか、びちゃびちゃのまま家の中を逃げ回り、そのあとぶるぶる震えていたので、あまりにかわいそうでそれ以来シャンプーをしていない。
そもそも完全室内飼育だし、猫は自分で身の回りを手入れするのでそんなに汚れることが無いのだ。
たまににおいをかいで見るが、無臭だし。

とりあえずこのままでは風呂に入れないので、素っ裸で猫を抱えて脱衣場へ放り出す。
たまには背中でも流してくれると良いのにねえ。

猫が。 (´;ω;`)
--------

猫が尿路結石になってしまった。
血尿が出たので、嫁さんが医者に連れてった。ストルバイトらしい。
幸い気がついたのが早かったらしく、とりあえず抗生物質と炎症止めの注射をしてもらってあとは自宅で療法食で様子見になった。

とりあえず食欲とか動きは普通でそれなりに元気そうではある。ただ、残尿感があるのか頻繁にトイレに行っている。ちょっとかわいそうになる。

一応気は付けていたし、激安のフードを避けてアイムスとかピュリナワン中心に食べさせていたのに。
こればっかりは体質とか色々な要因があるので、仕方がないようだ。

ロイヤルカナンの「pHコントロール(スターター)」を処方(?)してもらってきた。
スターターは効果が強い分長期間の給与には向かないらしい。どっちみち1か月分しかもらってきてないが。もう普通のフードには戻せそうにも無いので、順当にいってこのまま「pHコントロール2」に移行することになるのかなあ。ネットで値段見て、別の意味で(´;ω;`)。

あと、水を出来るだけ飲ませないといけないので、鶏ササミのゆで汁を冷ましてあげてみた。
見事にスルーされた。(´;ω;`)。

茹でた鶏ササミは僕のおつまみとして食卓に乗っていた。からし醤油でいただきました。

だけど~、家(うち)にはこたつが無い。
--------

君に~聞かせる腕も無い(?)。あ、西田敏行だ、ってのは前にもやったか。

仕方が無いのでちょっとでも暖かそうなところで丸くなって寝る。ひたすら寝る。

20080121_01

20080121_02

あんまりネタが無いので可愛い猫の写真でごまかしてみました。

猫のごはん、何を基準に決めてます?
--------

猫のエサ(ドライフード)の残りが心もとなくなってきたので、また探さないといけない。
うちはある程度でフードの銘柄を変えている。1種類しか食べなくなっても困るし、そもそも飽きるだろうというのがその理由。

今は「ファーストチョイス」をあげているが、奥さんいわく、前の「ピュリナワン」より「ウンコがくさい」らしい。

フード選びは難しい。
値段もさることながら、結石、毛艶、毛玉、体重管理、もちろんウンコの臭さを考えてチョイスしないといけない。
うちはいまだにコレ、というフードが決まらないので、色々なフードを試している。どんなフードも喜んで食べる猫に感謝。

ちなみに、うちの猫は缶詰も大好きで、特に「サイエンスダイエット」の「アダルト ターキー」がお気に入り。
ふたを開けただけで足元でもだえて欲しがるほど大好き。
クリスマスとか特別なときは缶詰を開けて猫さんもいっしょにお祝い。

ただ、この缶詰を食べた翌日は要注意。ウンコが激くさ。泣けるぜ。

「粋な~キャットテールのミケ子~」
思わずメロディ付で口ずさんだあんたは立派な中年。
--------

キャットタワーをくれるという人がいるというので車で取りに行ってきた。

以前ホームセンターでそれほど背の高くないキャットタワーの展示品を見て、店のお姉ちゃんに「これいくら?」と聞いたら結構な値段を言われてすごすごと帰ってきたことがあった。

今回自分の猫が年を取ったので遊ばなくなったというタワーをタダでくれるという人が現れたので、手土産もっていそいそともらいに行ってきた。持って帰ってきて早速組み立てる。

20071125\01

なかなか立派じゃん。
横のプーさん(ひしゃげてどっちかってーと「プアーさん」)は関係ない。

23日にもらってきて、今日すっかりなじんだ様子。上の寝床は超気に入ったらしく、今日は一日ここで寝ていた。

20071125_02

ちょうどぴっちり収まっている。というか、ぴっちりすぎてちょっと笑える。


ログの移転作業はそれなりに進んでいる。
--------

旧ブログからログを移転していて、猫を拾ったあたりの経緯を読み返す。
そう、我が家の猫は拾い猫なのだ。
確かに今でも猫は可愛いが、子猫は特別である。もっとたくさん写真を撮っておくべきだったとちょっと後悔。
携帯に残った写真も含めて、成長の過程を並べてみた。
(↓クリックで拡大されます)
20070730_01

途中から「ちょwおまwww、変わりすぎやんけ」

本店にはこの劇的変化のちょうど中間くらいの写真がおいてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。