新・Webパンくず

とりとめのない日記とか備忘録とか
2008/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うん。
--------

一応やりたいことは出来るようになった。
以下、道具。

cprmgetkey.exe : ContentsKeyを取得するツール
cprmgetkey に対応したDVDドライブ
c2dec.exe : 復号化ツール
      (何故か cprm2free.exe ではうまくいかなかった)
rdcdc.exe : 東芝機向けに VR_MANGR.IFO ファイルを修正するツール

ツールは全てコマンドラインから操作する。
適当にバッチファイルを作れば自動化できるじゃん、とか思ったが、cprmgetkey で取得した ContentsKey の受け渡しがバッチファイルだけでは出来ない。
GUIツールに relCPRM というツールがあるが、これだと今度は復号化後の後処理をバッチで継続できない。

どうしようかと思ったが、無いものは作ってしまえ、ってんでコマンドラインから操作できて ContentsKey だけをテキストに切り抜くツールを作ってしまう。それがこれ。

cprmkeycmd.exe

VB2008 Express Edition 製。動作させるのに .NET Framework がいるのか?
ソースコードも添付しておく。コンソールアプリとしてコンパイルするよろし。改造自由。
relCPRM みたいな GUI ツールを作ってもよし。
ソースを見ればわかるが、エラーハンドリングを最低限しかしてないので、無茶しないように(笑)。あと、表示には "for cprm2free" とか出てくるが気にするな。当初 cprm2free 用に作ったからだ。

これらを連携させるバッチファイルを以下に示す。全部のツールを同じフォルダに放り込んで、そのフォルダにバッチファイルを配置する。
僕の環境では DVD ドライブを2台使って DVD-RAM から DVD-RAM に直接復号しながらコピーするという荒業を行っている。そして最後にシャットダウンする。
これなら寝る前にセットしておけば処理して勝手に電源が落ちるし、所要時間とかは翌日ログを確認すればよい。
ドライブが一台しかないのなら復号しながら HDD に書き出して、全部書き出したら一旦"PAUSE"で処理を止めてメディアを書き込み用に交換するとか、その辺は単なるバッチファイルなので好きに書き換えるとよろし(当然全自動で無くなるが)。単純コピーを HDD に取っておいて、そこから復号化書き込み以降シャットダウンまでを自動化しておく手もある。
当然コマンドラインから全てのツールがちゃんと動作することが前提ね。

バッチファイルダウンロード

全て自己責任で使うこと。あと、コピーを悪用しないこと。

出来上がった DVD-RAM を VARDIA で確認したところ、全ての情報を残したままコピー禁止フラグだけなくなっている。もちろん書き戻しOK、CPRM 未対応 DVD-R で DVD-Video の作成もOKだった。

スポンサーサイト
ヤァ!ヤァ!ヤァ!(本当はこう書くのが正しいようだ)
--------

てな訳で CPRM の解除について調べてみたわけだが、結論から言うと、解除出来る。

Google で検索すると情報はわんさか出てくる。
中には画像安定化装置を使うとかいったお馬鹿さんもいるが、違うよ。全然違うよ。
cprmgetkey とか cprm2free とかいったツールを使うのだ。

CPRM の解除については法的にグレーという説もある。著作権者の権利は尊重するが、一方で視聴者の私的利用のための複製まで規制することで大多数の人に対して不利益をもたらしているのも事実だろう。そして本来規制されるべき一部の不心得者は、上のようなツールを使ってこれからも違法なコピーを作成し続けるだろう。なんたるアイロニー。

ってことで、いいや、使っちゃおう。コピーツール。
問題もあるのでここで入手方法や使い方の詳細を語るつもりも無い。やりたい人は各自で調べよう。

僕の場合はコピー禁止フラグだけ外して VARDIA に戻すのが最終目標。果たしてうまく行くでしょうか?

ちなみにヤァ!ヤァ!ヤァ!の部分の意味がわかんない人はいませんよね?
やって来るのは吉永サユリじゃないぞ。念のため。
ヤァヤァヤァ
--------

買っちゃった。
東芝の VARDIA RD-S303
やっとレコーダーで地上デジタル放送が録画できる。

20081215_01

AVOXのDVDプレーヤーとかWiiとか見えるが、それはあんまり関係ない。
あと、配線がすごいことになっているが、気にしない。
子供が寝静まった夜中に粛々と設置。翌日にはWOWOWに電話してアナログからデジタルに移行する手続きを済ませる。

同じ東芝製とはいえ、RD-XS41 からの移行だと隔世の感がある。使い方がさっぱりわからん。
とりあえず色々いじくり繰り回したり取説読んだりしてみる。

web上の製品情報は結構いろいろ書いてあるが、結構落とし穴あるぞい。

・TSEモードはほとんど使い物にならない(取説ですら直接TSEで録画するなとか書いてる)
・↑ので、最大30時間くらいしか撮れないTSモードか、従来のようにVRモードで撮ることになる。
・容量を考えると基本的にVRモードでの録画になるが、VRではW録が出来ない(これが痛い)。
・↑ので、W録は最低どちらか一方をTSモードで撮るしかない(チューナーは2つあるが、エンコーダーが1つしかないらしい)。
嫁用のNHKのつまらない教養番組がフルハイビジョンで録画される。なんだかなぁ。

あと、僕が見るのはほとんど WOWOW のドラマか映画だが、WOWOW はコピーワンスなのである。
コピーワンスについてはこういう規格なのか東芝がこうしているのか知らないが、一つ誤解していた困った状況がある。
いったんDVD-RAMにでも移動させると、元のHDDにすら戻すことが出来ない。
コピーは禁止でもムーブはフリーだと思っていたが、違うらしい。

これ、シリーズ物をあとでまとめてDVDに焼くとかいうときに、不便じゃないか。
CPRMって、解除できないのかな?ちょっと調べてみることにする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。