新・Webパンくず

とりとめのない日記とか備忘録とか
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2引っ越し後4000HIT。ありがとぅ~。
--------

ちょっといまさら感はありまくりの中、「VMWare Player」を入手したので、まずは前々から気になっていた「ubuntu(Linux)」を入れてみた。

一応補足すると、「VMWare Player」は実行中のコンピュータに、ソフトウェアで仮想のコンピュータを動かすものだ。仮想とは言えちゃんとハードウェアやBIOSを搭載している。

本来のOSをホスト、仮想コンピュータ内のOSをゲストと呼ぶ。
現状の環境を変えずに他のOSを試してみたりソフトウェアを試しに動かしてみたりして、用が済んだらフォルダをポイすることで、ゲストOSを処分することも出来る。

今回はホストが WindowsXP 、ゲストが ubuntu 8.0.4 になっとりやす。
ubuntu は Windows キラーとして期待される、新進気鋭の新しい Linux ディストリビューションなのだ。これは試してみねば。
※ ubuntu は VM Ware 用に仮想ディスクイメージを配布しているので、導入が楽というのもあるんだけどね。

立ち上げてみたの図。Firefox にこのブログを表示させてみた。

↓クリックして拡大できます。
20081114_01

第一印象として、GNOMEがずいぶん垢抜けた感じがする。
実はもう何年も前に Linux がブレイクするかもという予感から、Linux を試したことがあった。

当時勢いのあった Vine Linux (当時のバージョン 2.1.5) と 手堅い Fedora (当時はまだ RedHat 7.3) だった。
当時の第一印象は、とにかく日本語環境が酷い、そして日本語フォントが汚い。当時最も日本語対応が進んでいると言われた Vine ですら、たいしたこと無かった。そして、GNOME は野暮ったくダサかった

当時使っていたマシンはサウンドチップがヤマハの YMF724 だったが、ドライバが無かった。他のディストリ用のソースを自分でコンパイルするという、素敵な解決策を見つけたのは、長いweb検索の果てだった。

OOo が無料のオフィススイートとして登場し、これで巻き返せるかと期待したが、セットアップ時にいきなり文字化けした(これ、よく記事が残ってたな。懐かしい(笑))。もう、アホかと。馬鹿かと。

フォントの汚さに、手持ち素材集の TrueType フォントをインストールしようとしたが、ターミナルと格闘して設定ファイルを書き直したり、コマンドを打ち込んだり。

「xset fp rehash」 今でもこれだけは覚えている。なんだっけ、これ?

環境を整えるだけで疲れ果て、僕は Linux から退場した。

話を ubuntu に戻そう。
画面は随分垢抜けたし、フォントとかもきれいになった。
必要なソフトはだいたい最初から入っている。ブラウザ、メーラー、ワープロ、表計算、プレゼンテーション。CD/DVDだって焼ける(はず。試してないけど)。
mp3 も聴けるし、wmv ファイルの再生も出来た。コーデックを入れないと駄目だが、それは簡単に出来た。2chブラウザを入れて2chも見れる。

クライアントPCとして、あるがままの姿で使うだけなら、もう即戦力レベルだ。
ウィンドウマネージャを変えようとか考えなければ、どうにか使っていけそうか。 ubuntu には今後も頑張って欲しいところだ。
ところでこの ubuntu 、何に使おうか?それが一番の問題だ。とりあえず今は数独のゲームをやっている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://color12345.blog114.fc2.com/tb.php/220-d9b73ebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。