新・Webパンくず

とりとめのない日記とか備忘録とか
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うっ、固まった。(柳場敏郎)
--------

何かちっとも良い話がないですねぇ。

HDDレコーダ→PC→HDDレコーダでコピワンを解除してからレコーダでDVD-Videoを焼くより、PCでDVD-Videoを焼いたほうが早いんじゃね?ってのがこの前の話。

それをやろうと思うと、必要になってくるのがGOP単位でMPEG2ファイルを編集できるソフト。
以前はDVD編集といえばTDA(TMPEG DVD AUTHOR)しかなく、よくP2Pなんかでクラック版とか流れてました(良心が許さないので使ったことは無いですが)。

今はどうかなー、なんて調べてみたら、良いソフトがフリーで出てるでやんす。
Cuttermaran
基本的に英語でやんす。

20090120_01
(クリックで大きく表示されます)

多機能すぎてほとんど使いこなせてないが、とりあえず "< I " " I >"のボタンでGOPシフトが出来るので切り出す部分の始点と終点を設定し、ハサミのボタンでカットリストに追加する。で、Actions メニューから Cut を選べばMPEG2の一部分を切り出せるのだ。すんげ~。
左上のあたりにタブの絵のボタンがあるので、これでタブを追加して別のファイルを開けば、複数ファイルの良いとこ取り編集も出来る。

開くファイルは先に映像と音声を分離しておかなければならないので、“字幕入りDVDをつくっちゃおう”から「ばっちでまっくす」というフリーの分離ツールをもらってきておく。

出来上がったファイルも基本的に映像と音声が分離した状態だが、ImagoMPEG-Muxer を取ってきてセットしておけば、自動で結合までやってくれる。

MPEG2ファイルさえ切り出せれば後は何とでもなるが、ちょっと凝ったメニューとか作ろうと思うなら、上の、“字幕入りDVDをつくっちゃおう”から DVDAuthorGUI-J をもらってくれば完璧だ。

問題は、これはこれで結構手間と時間が掛かってしまうってこと。
記念のDVDとかならいざしらず、有料放送からどんどん持ってきてやるにはちょっとつらいかなあ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://color12345.blog114.fc2.com/tb.php/230-d85ea93b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。