新・Webパンくず

とりとめのない日記とか備忘録とか
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニャンですか?
----------------

facebook とか twitter のアカウントを作ったりしてたのでこっちは放置気味。
ま、こっちとは別の活動になるのでね。

ここ最近の動きとして、実は猫が一匹増えました。(5ヶ月・♀)

20110903_01

わざわざの多頭飼いに疑問を持たれることもあるが、そこはそれ。色々あってここで語るような話でもないので割愛する。

猫ちゃん自体はどうしたのかというと、京都市のほうで猫の譲渡制度というのがあって、この制度を利用して市のほうから譲り受けたのだ。

「保健所に行けば貰える」っていう話はよくあるが、こっちはもっときっちりとやってくれる。

 ・寄生虫検査&駆除
 ・混合ワクチン
 ・ノミ取り・予防
 ・去勢・避妊処置
 ・その他健康管理

これらを済ませて万全の状態で譲ってもらえる。もちろん公共の事業なので、もらう側に対する条件もあるし審査も行われる。放し飼い禁止(完全室内飼育)、繁殖目的は不可なので去勢・避妊処置が済んでいない猫の場合は自分で獣医に予約しないと譲り受けることは出来ない、必要に応じて追跡調査が行われることもある、等。

逆にきちんと飼おうという人にとってはそれほど高いハードルではないので、種類や模様(柄?)に関して細かい条件をつけなければ、譲渡希望を出してから比較的短期間で候補猫が見つかる。候補に対して断っても別にペナルティなど何も無い。
譲り受けるにあたって、もちろんお金は一切取られない。

猫を選びに行ったときに全ての譲渡待ちの猫を見てきたが、どの猫も性格や個性があってみんな欲しくなる。でももらうのは一匹だけ。
救いは選に漏れたからといってすぐに殺処分されるわけではなく、次の引き取り手を待つということ。ただ、永遠に待たせてもらえる訳ではないと思う。思うがどうなるのかは聞く気になれなかった。

同じケージで飼育されていた三匹のうち一匹を引き取ったが、帰り際に残った二匹に
「仲間が減って寂しいね」と声をかけた。
「みんな引き取ってもらうためにここにいるし、誰かが引き取られないと新しい子が入ってこれないですから」っていうのが飼育係の人の返事。
みんな良い飼い主がみつかるといいねぇ。

参考:京都市家庭動物相談所

「僕(私)、京都市民じゃないしぃ」っていう亀岡市とか宇治市とか城陽市とかその他の地域の方はこちら。
京都府動物愛護管理センターねこの譲渡事業
子猫の飼い主募集
(こっちはワクチンとか避妊処置についてはよくわからないので、センターへ直接問い合わせるべし。別件で電子メールで問い合わせたことはあるが、1日2日くらいで返信がありました。もちろん電話でも聞けると思う)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://color12345.blog114.fc2.com/tb.php/293-896d14b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。