新・Webパンくず

とりとめのない日記とか備忘録とか
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォント入替については結構こまかい知識が必要になる上、失敗すると文鎮化したりするのであんまり人に薦めたくはない。
ってことで、フォント(本当)に自分用の覚書き程度にしか書かないことにする。
今回の分は下書きのまま週刊誌に掲載してしまった某漫画家みたいになってるな。

基礎知識:

要root
日本語フォントは Andriod の「/system/fonts」に配置してある「DroidSansJapanese.ttf」
SO-01B に 公式 2.3 を焼くと最初は上記のファイルは、無い。
(それでも日本語が表示されるのは別のフォントを代用している為だが、これがいわゆる「中華フォント」になってしまう)
フォントファイルは Windows でも使用している TrueTypeフォントが使える。

用意するもの(1) フリーのフォントファイル

おすすめ:モトヤLマルベリ3等幅(MTLmr3m.ttf)※現在入手難しい。がんばって探す。
他:M+とIPAの合成フォント
  あずきフォント
  みかちゃんフォント

ファイルネームを「DroidSansJapanese.ttf」にリネームして、microSDに放り込む。

用意するもの(2) root権限の使えるファイラ

「File Expert」でよろしいんじゃないかと。

手順:

1. システム領域を読み書きモードでマウントする
2. 「DroidSansJapanese.ttf」を「/system/fonts」にコピーする
3. 「DroidSansJapanese.ttf」のパーミッションを変更する

    R W E
User  ■■□
Group  ■□□
Others ■□□

※■がチェックあり

このパーミッション変更を忘れると文鎮化するようだ。

4. XPERIA を再起動する

一旦これでファイルを配置できれば、次からは「Type Fresh」というアプリを使った方が早いと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://color12345.blog114.fc2.com/tb.php/309-9ffa7354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。