新・Webパンくず

とりとめのない日記とか備忘録とか
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは完全に自分用の覚え書きだ。
----------------

しかし案外こういう情報が人の役に立ったりするのでブログに書き記しておこう。
ちなみに僕の環境は Win7 64bit だ。

久しぶりに GIMP を使う必要があったので調べてみると、最新バージョンでで 2.8.2 になっていた。いつものごとく何も考えずに古いほうを削除して新しいものを入れる。
立ち上げてみると、まずもってメニューのフォントが汚い。「昔の Linux かよっ!!(三村風)」と突っ込みたくなる汚さだ。例によって Google で検索しようと「gimp メニュー 」まで入力すると「gimp メニュー フォント」と勝手に表示される。なるほど 2.8 以降でこの問題が起こるらしく、たくさんの人が検索してるのね。

解決策ももちろん見つかるわけで、それによると
C:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\themes\Default\gtkrc
のファイルを以下のように書き換えるとある。



style "gimp-default-style"
{
 font_name = "Meiryo 9" # この行を追加
 stock["gtk-dialog-error"] =
  {
   { "images/stock-error-64.png", *, *, "gtk-dialog" }
  }
(略)
}



喜び勇んでやってみたが、何故かこれ、うまくいかんのよね。
実際さらに検索すると、上記の方法がうまくいかないという情報も多数。
C:\Users\<ユーザー名>\.gimp-2.8\themes\
を使って云々という情報もあるけど、いまいちうまくいかんのよね。

というわけで、自分がうまくいった手順をここに書いておく。ちなみになぜこの手順でうまくいくのか、自分でもよくわからない。

(1) C:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\themes の下にあるフォルダ(多分 Default と Small のはず)をどっか別の場所に移動する。つまり C:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\themes の下には何も無い状態にする。

(2) 上記のフォルダ(Default と Small)を C:\Users\<ユーザー名>\.gimp-2.8\themes の下にコピーする。

(3) C:\Users\<ユーザー名>\.gimp-2.8\themes\Default\gtkrc を上述のように書き換える。

(4) GIMP を立ち上げる。この時点でメニューフォントは変わっているはず。

(5) (1) で移動させておいたフォルダを元の位置に戻す。これをやっちゃうとせっかく変わったフォントが戻ってしまいそうな気がするが、何故か戻らない。

20121111_01

こんな感じにかっちょよくなれば成功だ。
情報が役にたったぜって人は拍手ボタンでも押しといてください。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://color12345.blog114.fc2.com/tb.php/335-240acb9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。