新・Webパンくず

とりとめのない日記とか備忘録とか
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「隊長!修理したパソコンですが、やっぱり駄目であります!」
-----------------

先週故障して復旧させたメインのパソコンですが、再度起動不可になってしまいました。
ということでサードマシン(Windows98)から書き込み。

電源入れる → ビープ音 → BIOS起動 → Windows起動しようとする → 黒画面で固まる

という状態です。
前回電源ユニットとHDDを交換しました。

さあ、ここでクイズです。
不調の原因はどれでしょう?

① メモリモジュール
② マザーボード
③ CPU
④ 天狗の仕業

正解しても何も出ません。

どれが原因にしてもあまり有り難くない状況です。
予備の部品も無いので、いずれかの部品を買ってきて取り替えるしか確認する方法はありません。

CPU(AthlonXP 2500+)とそれに対応したママ板なんぞ、今更新規で購入する意味はあまり無い。つまり、メモリ以外の原因(除天狗)の場合、イコール基幹部分の総とっかえということになります。これは痛い。

一縷の望みを託してDDRメモリを交換するか、最初から諦めて基幹部分を総とっかえするか。
まずはメモリ交換が定石ですが、原因が違っていたらこのメモリも再利用できない。(最近の母板はDDR2しか挿さらない)
前にも書いたが、いっそ本体ごと買い換えるか?

でも、このまま諦めるのはなんとなく納得いかないので、とりあえずメモリ交換だけはチャレンジしてみようかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://color12345.blog114.fc2.com/tb.php/77-1e56189b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。